ブックメーカーへの送金手段を確認しよう

ブックメーカーの老舗ウィリアムヒルさんが新規参加者向けのフリーベット始めたようです。当サイトでもウィリアムヒルはキラーハウスとして推奨しているので、このタイミングで登録してみてはいかがでしょうか。


ウィリアムヒルの登録手順や遊び方について

ブックメーカーへの送金手段を確認しよう

money

ブックメーカーは全てが海外の企業です。ですから、サイト内はすべて英語となっています。それを翻訳か何かを使ってどうにか解読をして進む必要があります。最近は日本語で対応してくれる企業も増えてきましたので、そういったサイトを使うのも手です。

 

ブックメーカーは立派な賭博になります。日本では法律で禁止されている行為となっていますので、企業も日本にはきてくれません。ですから、ブックメーカーをする人は、海外企業に登録などをする必要があります。その時に発生したトラブルなどは、日本の法律では守ることができません。全ては自己責任で行わなければいけないことを念頭に置きましょう。

 

さて、ブックメーカーへの送金手段は、いくつかあります。

 

1.クレジット・デビットカードによる送金方法
ほとんどのブックメーカーはVisaやMasterのクレジットやデビットに対応しています。それらを使いながらブックメーカーへ直接入金を行うことができます。※ただし、日本からクレジットカードでの送金はあまり使えないのが現状です。

 

 

2.海外の銀行を経由した送金
入金画面のBank TransferやWire Transferメニューを開くと送金先の銀行が書いています。アカウント画面で入金申請後、国内銀行の窓口から送金手続きを行えば入金できます。※これについても銀行に目的を聞かれて賭博とはいえないですよね。結局使えません。

 

3.e-walletを経由した送金
電子マネー口座(NETELLER)を開設することからです。先にも述べた通り、日本には支店などを置けないので、海外の設置してある国の通貨で取引することになります。そこで、日本円しかもっていない日本人は、この電子マネー口座を開設する必要があるのです。

 

日本円を入金したら、電子マネー口座がそのお金を判断して海外の通貨にしてくれます。そのお金を使って、ブックメーカーへ送金します。この電子マネー口座を中継地点にして送金するのが方法となっています。これをすることで、スムーズに入出金をすることができますので覚えておきましょう。これは、慣れてしまえばすぐにできることですので、問題はありません。

 

当サイトではこのe-walletで歴史的にも一番信頼性があるNETTLERを活用した送金手段を推奨しています。まだ、NETELLERによる口座を持っていないかたは、ネッテラー口座開設手順紹介ページを活用してください。

 

オンライン用資金管理口座について
ブックメーカーで稼ぐ力を3日で学ぶサイト会員メルマガ

お名前(姓):  メールアドレス(必須):


 
ブックメーカーって? 全体の流れ ネット口座作成手順 ブックメーカー登録手順 賭け方の基本知識