スポーツベットへの理解を深める

ブックメーカーの老舗ウィリアムヒルさんが新規参加者向けのフリーベット始めたようです。当サイトでもウィリアムヒルはキラーハウスとして推奨しているので、このタイミングで登録してみてはいかがでしょうか。


ウィリアムヒルの登録手順や遊び方について

スポーツベットへの理解を深める

ブックメーカーは、ありとあらゆるスポーツや、多くの人から関心の高いイベントまで広く賭ける対象があります。その中でも、やはり多くの人に人気なのがスポーツです。特に、支持されており、世界中で人気のスポーツは常に人が参加している状態なので、オッズの変化も凄まじいものがあり、エキサイティングな印象を持ちます。

 

日本では賭博は法律で禁止されています。このブックメーカーは明らかな賭博になりますので、違反行為となってしまいます。しかし、それは日本国内に限ることで、海外では海外の法律に則って行うので、海外の法律が優先されます。したがって、日本にいても、インターネットを使ってオンラインで取引をするブックメーカーは違法とはなりません。ですので、日本でも多くの人が、ブックメーカーで賭けを楽しんでいるのです。

 

まずはギャンブルのビジネス的な視点で考察を深めていきましょう。

 

 

パリミュチュエル方式とブックメーカー方式

 

日本の公営ギャンブルはすべてパリミュチュエル方式によって運営されています。
この方式の特徴は胴元が絶対損をしないように設計されている点です。

 

プレイヤーがベットした全金額のうち払い戻し額が75%程度、それ以外はすべて胴元の運営費として回収されます。
そのため、胴元はプレイヤーが増えれば増えるほど利益が確定する仕組みになっています。

 

そのために、プレイヤーは結局胴元にコントロールされているだけのつまらないゲームを遊ぶことになります。

 

一方のブックメーカー方式は胴元が運営費を回収せずに立場が対等な感じです。
ただオッズを提示してなんとなく配当を設定するといったイメージでしょうか。

 

そもそも、オッズ対象が広くスポーツだけではなく天気や選挙などもあるギャンブルに対して
コントロールなんて不可能ですが。

 

そのため番狂わせが発生した際に支払いができずに倒産するといったケースも昔はあったようです。

 

とはいえ、現在はその点を踏まえて手数料を控除したオッズ(パリミュチュエル方式より)になってきていますので
いきなり倒産なんてことはありません。

 

ただパリミュチュエル方式と違うところもやはりあって、
事前の見込みはオッズが半々くらいに分かれるようにブックメーカー側が予想をして組み立てるという点です。

 

競馬などのパリミュチュエル方式だと締切時点でのオッズバランスをみて算出されてしまうため、面白い調整が不可能ですが
ブックメーカーはその点、そのタイミングの見込みにたいしてオッズしたものを尊重してくれます。

 

そのため、試合前のブックメーカー側の見込みが甘いときに、オッズをすることで大きな勝ちにつながることも多々ありました。

 

ブックメーカーを投資として切り替えていくときはこのポイントがかなり重要になってきます。
どのタイミングで、オッズがどの程度のときにベットしておくのか。

 

これが大事です。

 

 

その他の記事

ブックメーカーを始めるための準備手順
Neteller口座開設から運用まで完全マニュアル[画像付]・・・ブックメーカーの資金管理口座を開設する。※完全無料です。
ブックメーカー新規アカウント登録手順[画像付]マニュアル・・・ブックメーカーの登録から運用を開始する。

 

ブックメーカーで稼ぐ力を3日で学ぶサイト会員メルマガ

お名前(姓):  メールアドレス(必須):


 
ブックメーカーって? 全体の流れ ネット口座作成手順 ブックメーカー登録手順 賭け方の基本知識