Valuebetting(バリューべッティング)とは

ブックメーカーの老舗ウィリアムヒルさんが新規参加者向けのフリーベット始めたようです。当サイトでもウィリアムヒルはキラーハウスとして推奨しているので、このタイミングで登録してみてはいかがでしょうか。


ウィリアムヒルの登録手順や遊び方について

Valuebetting(バリューべッティング)とは

バリューベッティングとは、ブックメーカーで効率よく賭けをしていく為の考え方です。名前の通り、価値あるオッズをしっかりと見極めて賭けていく方法を指します。ブックメーカーには500社程度の企業があります。この企業ごとに、同じ試合でも倍率が変わってきますので、どの企業が一番効率がよいのか、価値がある倍率になっているのかを確かめることが大切です。よりよい賭けにつながるばかりではなく、こういった確率論を敷き詰めると、未来をさらに詳しく導き出すことができ、それはそれで投資になるという考え方になってきます。

 

具体的には以下の手順で進めていきます。
いくつかのブックメーカーで同じゲームのオッズを基に平均的なペイアウトとプロバビリティを算出します。

 

 

ブックメーカーA ブックメーカーB ブックメーカーC ブックメーカーD ブックメーカーE ブックメーカーF
A

1.95

1.85

2.20

2.00

1.95

1.90

B

1.85

1.80

1.70

1.85

1.90

1.80

 

Aのオッズ平均値は・・・(1.90+1.95+2.00+2.20+1.85+1.95) / 6 = 1.975
Bのオッズ平均値は・・・(1.85+1.80+1.70+1.85+1.90+1.80) / 6 = 1.816

 

これらからペイアウト率を算出します。
1 ( 1 / 1.975 + 1 / 1.816 ) = 0.9461 となり 94.61%

 

このペイアウト率に基づいてProbabilityを計算すると
Aのオッズのブックメーカー6件による平均Probability・・・1 / 1.975 × 0.9461 = 0.479 47.9%
Bのオッズのブックメーカー6件による平均Probability・・・1 / 1.816 × 0.9461 = 0.520 52%

 

この平均Probabilityを勝率と見立てたとき、擬似適正オッズは
Aのオッズの擬似適正オッズ・・・1 / 0.479 = 2.087
Bのオッズの擬似適正オッズ・・・1 / 0.520 = 1.923

 

ここで算出してきた擬似適正オッズがブックメーカーが予想している一番いい条件になります。
言ってしまえば、ブックメーカーという勝敗予想のプロが導き出したProbabilityに基づく数値以上においしいオッズといえるのです。

 

この条件に近いオッズを提示しているブックメーカーへベットするのがバリューベッティングになります。

 

 

その他の記事

ブックメーカーを始めるための準備手順
Neteller口座開設から運用まで完全マニュアル[画像付]・・・ブックメーカーの資金管理口座を開設する。※完全無料です。
ブックメーカー新規アカウント登録手順[画像付]マニュアル・・・ブックメーカーの登録から運用を開始する。

 

ブックメーカーで稼ぐ力を3日で学ぶサイト会員メルマガ

お名前(姓):  メールアドレス(必須):


 
ブックメーカーって? 全体の流れ ネット口座作成手順 ブックメーカー登録手順 賭け方の基本知識