ブックメーカーを始めるために必要なものを確認しよう。

ブックメーカーの老舗ウィリアムヒルさんが新規参加者向けのフリーベット始めたようです。当サイトでもウィリアムヒルはキラーハウスとして推奨しているので、このタイミングで登録してみてはいかがでしょうか。


ウィリアムヒルの登録手順や遊び方について

ブックメーカーを始めるために必要なものを確認しよう。

ブックメーカーを運営している企業は、全てが海外企業です。日本では、賭博は禁止されています。賭博とは、お金を直接賭けて、そしてお金を取引することです。パチンコなどは一旦、玉に換えて行っているので遊戯となり、賭博には当たりません。競馬なども同じですね。馬券という券に変えることでお金を直接賭けている訳ではないので、公益ギャンブルという立場になっています。

 

しかし、ブックメーカーは違います。正真正銘の賭博で、お金を賭けてそれでお金を貰ったり損したりします。こういったものは日本では罰せられるので、ブックメーカー企業は日本に進出することができません。ですから、すべてが海外の企業となり、そこで色々と登録をしなくてはいけません。最近では、翻訳ツールもマシになってきたので、全て英語のサイトでもなんとなく理解できるようになりました。ですので、登録などもそこまで難しくなくなってきています。

 

では、ブックメーカーを始めるにはどういったものが必要なのでしょうか?

 

1.パソコン、スマートフォン

ベット

まずは、当たり前ですが、インターネットが接続されているパソコンです。
正直これだけあれば、始めることができます。

 

 

ただし、本気で稼ぐ投資としてブックメーカーを始めようと考えている場合はできるだけスペックのいいパソコンを用意しましょう。

 

ブックメーカーは同時に複数のサイトを開きます。※特にアービトラージ投資を実施しようと思ったら必須環境です。

 

複数のブックメーカーを同時に開きながら常に最新の情報を観ながら投資を行っていきます。

 

それを考えると賭けたいオッズがあるときにフリーズや強制終了などがおきたら笑えません。

 

試しに今使っているパソコンで複数のブックメーカーを開いてみましょう。問題なく動作するようであればオッケイです。

 

 

2.本人確認の書類

ベット

これからブックメーカーを始めるためには本人確認の書類が必要になります。
ブックメーカーに登録する際やネッテラーに登録する際に必須です。

 

運転免許証やパスポートがあればいいでしょう。
デジカメやスキャナでデータ化してパソコンに保存しておきます。

 

それらを認証手続き時にメールなどで送信します。

 

そもそも、なんで必要かというと。
一番はマネーロンダリングや不正利用を防ぐためです。
本当のお金をやり取りするわけですから当たり前といばその通りなのですが。

 

具体的に提示が求められる時といえば
ネッテラーの口座開設時やブックメーカー登録後の出金時でしょうか。
そして、多くは運転免許証で十分とされています。

 

 

3.軍資金

ベット

最初に用意できる金額は自分の状況で判断しましょう。
当サイトでは投資としてブックメーカーを活用することをベースに話をしています。

 

その際に最低でも必要な額としてよく回答している金額は$1000、約10万円です。
もちろん、この金額でなくてもかまいませんが、PDCAを回すためにはある程度多くの金額を投資として用意しておくことが
将来的には役立つデータが回収できます。

 

しかし、忘れていけないのは、生活資金には絶対手を出すことなく余剰資金を活用するということです。

 

ブックメーカーを始めるための準備手順
Neteller口座開設から運用まで完全マニュアル[画像付]・・・ブックメーカーの資金管理口座を開設する。※完全無料です。
ブックメーカー新規アカウント登録手順[画像付]マニュアル・・・ブックメーカーの登録から運用を開始する。

 

その他の記事について
ブックメーカーで稼ぐ力を3日で学ぶサイト会員メルマガ

お名前(姓):  メールアドレス(必須):


 
ブックメーカーって? 全体の流れ ネット口座作成手順 ブックメーカー登録手順 賭け方の基本知識