自分に合ったタイプのブックメーカーを活用しよう!

ブックメーカーの老舗ウィリアムヒルさんが新規参加者向けのフリーベット始めたようです。当サイトでもウィリアムヒルはキラーハウスとして推奨しているので、このタイミングで登録してみてはいかがでしょうか。


ウィリアムヒルの登録手順や遊び方について

自分に合ったタイプのブックメーカーを活用しよう!

ブックメーカーについていろいろと勉強を進めてきましたので、そろそろ実際に登録してはじめてみましょう。
ここで一つの問題があります。

 

ブックメーカーは実はかなりの数存在していて、どれを試せばいいのかわからないのです。そのどれもが日本語ではないし使い方もサポートも同様です。

 

そんな業界の中でも使いやすいものだけを厳選して紹介していきます。当サイトでは大前提として以下の項目をカバーしているものだけを紹介しています。

 

  • 日本語での対応、サポートができている
  • 比較的に安定した運営を行っている
  • ネッテラーへの対応がしっかりできている

 

これらの項目をベースに入門者に合ったものと、玄人向けのものの2つを紹介しています。

 

【入門者向けブックメーカー】業界No'1のウィリアムヒル

公式サイトイメージ

ウィリアムヒルは1934年にイギリスで生まれたブックメーカー業界シェア、ブランド、信用度どれをとってもNo'1のハウスです。日本では法律の問題から実店舗があることは知られていませんがイギリスでは2千以上のあります。

 

また、ロンドン証券取引所での上場やイングランドサッカー協会の公式パートナーとしての地位も固めています日本人向けのサポートも充実していますので、これからブックメーカーを始めたい人にはうってつけのかなり安心してスタートできるハウスです。

 

⇒ウィリアムヒルで無料登録をするにはこちら【登録数分でスタート】
⇒ウィリアムヒルについての詳しい情報はこちら

 

 

 

 

【玄人向けブックメーカー】若手だが多様な戦略的ベットが可能な10Bet

公式サイトイメージ

ウィリアムヒルと比べるとまだまだ若い2003年創業のブックメーカーですが、ブックメーカー投資家の間ではマストハウスとして愛されています※CHAQ夫も中心ハウスとして活用しています。

 

その大きな理由は日本語対応に力をいれていることや、アジアンハンデベットなど投資方法が多様に用意されていることがありますブックメーカーを戦略的に行っていくにはどうしてもいくつかの投資方法を併用しながらトータルでペイアウトを100%以上に引き上げていく必要があり、それを可能とする大事な要素としてベット数が多様にあることが挙げられるからです。

 

⇒10Betで無料登録をするにはこちら【登録数分でスタート】
⇒10betについての詳しい情報はこちら

ブックメーカーを始めるための準備手順
Neteller口座開設から運用まで完全マニュアル[画像付]・・・ブックメーカーの資金管理口座を開設する。※完全無料です。
ブックメーカー新規アカウント登録手順[画像付]マニュアル・・・ブックメーカーの登録から運用を開始する。

 

ブックメーカーで稼ぐ力を3日で学ぶサイト会員メルマガ

お名前(姓):  メールアドレス(必須):


 
ブックメーカーって? 全体の流れ ネット口座作成手順 ブックメーカー登録手順 賭け方の基本知識